tennis-doubles-rakuraku

商品名 石田洋平氏テニスダブルス「邪悪な配球」練習法DVD 相手をコントロールする戦術 商品カテゴリー ダブルス上達法
商品説明文

「ダブルス戦術らくらくマスタープログラム」は、「草トーキング」石田洋平氏監修による、ダブルスで勝つための
 
 
石田氏は白子テニスフェスティバル2連覇、軽井沢国際トーナメント5連覇を成し遂げ、かつ3000人以上の指導経験があります。
まさに「草トー(草トーナメント)キング」と呼ばれるにふさわしい実績です。
 
石田氏は、ダブルスで勝利するために必要なのは「邪悪な配球」と主張しています。
 
 
「邪悪な配球」とは何やら物騒ですが、この説明の前に、あなたはこんな悩みをお持ちではないでしょうか?
 
 
・とにかく、試合に勝ちたい 勝つための練習メニュー・トレーニングを知りたい
・プレースタイルがワンパターンと指摘される
・練習でショットは決まっても、試合ではミスしてしまう
 
・ペアとの連携がうまくいかない
・ペアに迷惑をかけているようで申し訳ない
・テニススクールに通っているが、上達を感じない・試合に勝てない
 
・チャンスボールなのにボレーをミスしてしまう
・ダブルフォルトがなくならい
・足の位置がブレてしまう
 
・パワーが足りない
・少ない時間で練習の効果を上げたい

 
 
これらの希望を実現させ、悩みを解決する第一歩は先ほどの「邪悪な配球」です。
 
邪悪な配球とは、簡単には相手の嫌がる場所へ配球することであり、これをいかに実践できるかで勝敗が決すると言っても過言ではないのです。
 
「相手の嫌がる場所へ打つ」だけではありきたりなので、もう少し踏み込んだ話を。
テニスのダブルスにおいては、
 

「ボールをここに落とせば、相手はこう動いて、この場所に打ち返してくる」というパターンが存在するのです。

 
相手から返ってくるボールの位置がわかっていれば、そこにあらかじめて構えておいて、こちらは落ち着いて安定したショットを返せます。
 
ミスの確率は格段に下がります。
 
 
また、相手の動きが読めれば「あのへんがオープンコートになる」といった予測も可能になります。
攻撃も極めてラクになります。
 
 
「邪悪な配球」は、相手の動きを常に予測しコントロールする、まるで「詰め将棋」のように相手を追い込んでいくテクニックなのです。
 
ダブルスで勝つための、極めて強力な武器と言えます。
 
この教材で解説されているのは、もちろん「邪悪な配球」だけではありません。
 
「ミスのない正確なショット」「攻めるべきポイントで攻める」ほか、ダブルスで勝ち続ける石田氏独自の戦術および練習法が数多く収録されています。
↓ ↓ ↓
tennis-doubles-rakuraku-last
※サンプル映像あります

ダブルス戦術らくらくマスタープログラム 試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

この商品を見た人はこんな商品も見ています

前へ
次へ

商品カテゴリー